月別アーカイブ: 2014年2月

車好き

弟の頃から車が大好きでした。男の子ならきっとほとんど誰もが子供の時に持っている車のおもちゃ。弟はそれを飽きもせずに一日中、床の上で行ったり来たりさせて、それを寝転びながら車の横に並んで見ていた。車を行ったり来たり。。。何が面白いのか、傍から見てもさっぱりと分からなかったのだけれど、それが弟には楽しいらしく、ずっと眺めていた。弟の車好きはこんなに小さな頃から既に始まっていた。

弟だけじゃなく、こんな男の子って案外多いのではないかと思う。車に夢を託す子供ってたくさんいると思う。トヨタがそんな子供の夢を大切にしているらしく、そんなプロジェクトの広告があったっけ。車好きの弟の興味はアナログの車のおもちゃからチョロQに移り、その後はミニ四駆、バイクへと変わり、今は本物の車になった。今は車屋さんとして働いている。三つ子の魂百まで。小さな頃の興味はずっと変わらず今も弟の中で生き続けいている。そんな人生もいいな、と思う。

 

窓から始まる暖かい生活

ヨーロッパの建築、家のつくり方でいいなと思うのは窓です。日本の窓は一枚のガラス、というところが多いと思います。これが冬はとっても寒いし結露の原因になりますよね。この結露、拭いても、拭いてもどんどんと水が出てくる。古い建物ほどそれが激しく、昭和中期頃に建てられた現在、私の住んでいるアパートの壁は特にひどいので、このアパートを出て行く時はとっても修理費を取られそうです。これがヨーロッパの寒い国の窓だと、二重ガラスが使われているので結露の心配がありません。しかも室内も暖かい。各部屋に備え付けられているセントラルヒーティングと合わせると本当に室内は暖かいです。むしろ日本の部屋の中の方が寒いくらいです。ヨーロッパの寒い国

では真冬でも家の中では半袖で過ごすことができるくらいですから。意外なことに日本の方が冬は体感温度が低いんですよね。

それでも最近は二重ガラスの窓を販売する会社も増えてきました。これがどの家庭にも普及するように低価格で販売されるようになったら日本の冬が変わりそうですね!

産毛だって。。。

産毛って結構生えているものです。顔の肌をよく見ているとうっすらと産毛が全体に生えているのがわかります。産毛は産毛で肌を守ってくれるものだから大事にしておいたら良いのですが、でもここぞ、という時はやっぱり綺麗沿っておくのがいいと思います。例えば結婚式の時とか、ね。

顔脱毛の詳細でいろんなことをチェックできますよ。

私の場合、着物を着るときその前々日に産毛を剃りにサロンか美容室に行きます。うなじの産毛を綺麗にそると着物を着た時にすごく綺麗に見えるんですよね。うなじが色っぽいというのは着物を着た時にとても大切だと思いませんか?いくら綺麗に着付けをしていてもその肝心なうなじの産毛の処理を忘れると綺麗さが半減してしまいます。だからこそ産毛の処理にはご用心を!特に自分では見えないことが多いですから。

綺麗さを完璧にしたい時はやっぱり産毛も剃ったほうが良いと思います。この細やかさこそ、日本人の日本人らしい美意識の表れではないでしょうか?